合戦浮世絵

つきおかよしとし さく「えいゆうごぎょうのうち ど あまがさきかっせん
あかしぎだゆうきょうとにはしる」
月岡芳年 作「英雄五行之内 土 尼ヶ崎合戦
明石儀太夫京都にはしる」

英雄五行之内 土 尼ヶ崎合戦 明石儀太夫京都にはしる

本合戦浮世絵は、戦国武将「明石儀太夫」(あかしぎだゆう)が「豊臣秀吉」の家臣達から追われる場面を描いた絵図。

向かって左側から明石儀太夫、「福島正則」、「後藤又兵衛」、「脇坂泰治」、「母里太兵衛」で、橋を駆けて来るのは「糟屋武則」。明石儀太夫は、江戸時代中期に書かれた絵本「絵本太閤記」に登場する武将です。

明石儀太夫は、「明智光秀」の家臣で「本能寺の変」のあとに、明智光秀に命じられて豊臣秀吉を暗殺しようとします。明智光秀の家臣「四王天政孝」(しおうてんまさたか)と共に、百姓の姿に扮して豊臣秀吉を待ち伏せしていましたが、奇襲は失敗。四王天政孝は、豊臣秀吉の家臣「加藤清正」によって討ち取られて、明石儀太夫はそのことを明智光秀に伝えるために退却。奇襲が失敗して、四王天政孝も討ち取られたことを明智光秀に伝えた明石儀太夫はその晩、使命を果たせなかったことを苦に切腹しました。

本合戦浮世絵の作者は、「歌川国芳」(うたがわくによし)の門人「月岡芳年」(つきおかよしとし)。歌川国芳門人の中でも描画の技量が高く、特に「血みどろ絵」と言われる血に染まった合戦絵などに定評があり、現実に即した描写ができるように、殺傷や斬殺された死体を熱心に研究していたと言われています。

「英雄五行之内 土 尼ヶ崎合戦 明石儀太夫京都にはしる」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 山崎の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「英雄五行之内 土 尼ヶ崎合戦 明石儀太夫京都にはしる」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る