武将浮世絵

おちあいよしいく さく「たいへいきえいゆうでん さえだいぬきよ」 落合芳幾 作「太平記英勇伝 左枝犬喜代」

太平記英勇伝 左枝犬喜代

本武将浮世絵の題材となった「左枝犬喜代」(さえだいぬきよ)は、「前田犬千代」(まえだいぬちよ:のちの前田利家[まえだとしいえ])をもじったものです。

江戸時代においては、天正年間(1573~1592年)以降の大名家や徳川家を題材とした浮世絵を描くことはご法度。そのため、あくまでも架空の人物という体裁で描かれました。

本武将浮世絵は「太平記」(たいへいき)となっていますが、実際は「太閤記」(たいこうき)の読み替え。その理由も前述した江戸幕府の政策によるものでした。

戦場で、三間半柄(さんげんまなかえ:約6m30cm)の派手な長を手に躍動する姿から、前田犬千代に付いた異名は「槍の又左」(やりのまたざ)。「又左」とは、前田犬千代の通称「又左衛門」(またざえもん)の略称です。戦(いくさ)における前田犬千代の雄姿を描いた浮世絵は多数ありますが、そのほとんどが「桶狭間の戦い」での姿を描いた作品であると言われています。

本武将浮世絵の作者「落合芳幾」(おちあいよしいく)は、幕末から明治時代の浮世絵師。明治時代には、錦絵で事件を報道する「新聞錦絵」の先駆け的な存在でした。

太平記英勇伝 左枝犬喜代

「太平記英勇伝 左枝犬喜代」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 落合芳幾 浮世絵の題材 前田利家

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「太平記英勇伝 左枝犬喜代」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る