武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい だんじょうのちゅうまつながひさひで」 月岡芳年 作「芳年武者无類 弾正忠松永久秀」

芳年武者无類 弾正忠松永久秀

本武将浮世絵に描かれているのは、「織田信長」(おだのぶなが)の家臣であった「松永弾正久秀」(まつながだんじょうひさひで)が、主君に2度目の反旗を翻して1577年(天正5年)に勃発した「信貴山城の戦い」(しぎさんじょうのたたかい)において、織田軍に包囲され、いよいよ自害に追い込まれたという最期の瞬間。

左側上部に粉々になって飛び散っているのは、茶人としても名を馳せていた松永弾正久秀が所有していた茶釜「古天明平蜘蛛」(こてんみょうひらぐも)の欠片(かけら)。「平蜘蛛」は、以前より織田信長が何度も所望していましたが、決して松永弾正久秀が譲らなかった名物です。

松永弾正久秀は、織田信長から命を助ける代わりに、平蜘蛛を渡すように条件を提示されましたが、これを断固拒否。自害の直前に、自らの手で平蜘蛛を柱に投げ付けて叩き割ったという逸話が残っています。

本武将浮世絵が含まれる「芳年武者无類」(よしとしむしゃぶるい)のシリーズは、幕末から明治時代前期にかけて活躍し、「最後の浮世絵師」と称された「月岡芳年」(つきおかよしとし)が、1883~1886年(明治16~19年)にかけて制作した「武者絵」の揃物になっています。

上に向かって流れる着物の紐と振り乱れる髪の毛、そして頭上にパッと上げて開かれた手など、ストップモーションを思わせる表現技法が用いられ、まさに月岡芳年の真骨頂が発揮された作品です。

芳年武者无類 弾正忠松永久秀

「芳年武者无類 弾正忠松永久秀」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 松永久秀

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「芳年武者无類 弾正忠松永久秀」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る