武将浮世絵

なかざわとしあき さく「よしつねさいこうき」 中澤年章 作「義経再興記」

義経再興記

本武将浮世絵は、明治時代の浮世絵師「中澤年章」(なかざわとしあき)によって描かれた絵図。

浮世絵の名称「義経再興記」は、政治家兼歴史家「末松謙澄」(すえまつけんちょう)によって発表された論文「義経再興記」から来ています。

「義経再興記」は、「源義経」(みなもとのよしつね)とモンゴル帝国初代皇帝「チンギス・カン」が同一人物であると仮説した論文。源義経は「衣川の戦い」では自害せず、北へ逃れてチンギス・カンとして生き延びたのではないかと言う説を最初に唱えたのは、医師であり博物学者の「シーボルト」と言われており、この説が日本に流布した際には社会現象になるほど民間でも流行しました。

なお、チンギス・カンと源義経が同一人物であると言う説以外にも、源義経は生き延びたのちに金朝(きんちょう:中国北半を支配したと言う征服王朝)の将軍になった説や、源義経の子孫が「清」(中国とモンゴルを支配した満州の王朝)を建国したなど、様々な説が派生。

こうした「源義経生存説」は一般庶民のみならず、幕臣「近藤重蔵」や徳川将軍家御庭番「間宮林蔵」の他、儒学者「新井白石」など名のある著名人も信じており、現代でも東北や北海道では、源義経が北へと渡った説が信じられています。

「義経再興記」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 中澤年章 浮世絵の題材 源義経

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「義経再興記」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る