武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい あくしちべいかげきよ」 月岡芳年 作「芳年武者无類 悪七兵衛景清」

芳年武者无類 悪七兵衛景清

本武将浮世絵に表されているのは、1185年(元暦2年/寿永4年)の「屋島の戦い」で起きた「しころ引き」の場面です。

平氏方が掲げた扇の的を、源氏方の「那須与一」(なすのよいち)が見事に射止めたのち、再び両軍入り乱れての戦いが始まります。

先陣を切った本図右側の平氏方「藤原景清」(ふじわらのかげきよ)と、左側の源氏方「美尾屋十郎」(みおやじゅうろう)は波打ち際で対峙しますが、大薙刀(おおなぎなた)を振るう藤原景清に対して、小太刀(こだち)のみを手にしていた美尾屋十郎は、分が悪いと見て逃げようとしました。

逃がすものかとばかりに、藤原景清が美尾屋十郎の(しころ:の首まわりを覆って防御する部分)をつかみ、引っ張り合いになります。ついに錣を引きちぎった藤原景清は、「我こそは都で名高い悪七兵衛藤原景清」(あくしちべいかげきよ)と大声で名乗りを上げたのです。

まさに錣がちぎられた一瞬を、本武将浮世絵の制作者である「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、迫力満点に描き出しました。幕末から明治時代初期を代表する浮世絵師・月岡芳年の面目躍如と言えます。

芳年武者无類 悪七兵衛景清

「芳年武者无類 悪七兵衛景清」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 藤原景清

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「芳年武者无類 悪七兵衛景清」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る