武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい しんちゅうなごんたいらのとももり」 月岡芳年 作「芳年武者无類 新中納言平知盛」

芳年武者无類 新中納言平知盛

「平清盛」(たいらのきよもり)の息子で、平氏を率いる「平知盛」(たいらのとももり)は、源氏軍に追い詰められ「壇ノ浦の戦い」での敗北を悟ります。

平知盛は自害を決意すると、平氏が擁した「安徳天皇」(あんとくてんのう)やその母「徳子」(とくし/のりこ)と祖母の「二位尼」(にいのあま)が乗る「御座船」(ござぶね)へ退却。「見苦しい物はすべて海へ捨てよ」と言うなり、掃除を始めたのです。それは、源氏軍に乗り込まれたときに、安徳天皇の船は荒れ放題だったなどと誹(そし)られないためでした。

本武将浮世絵は、その掃除の様子を描いた絵図ですが、穏やかに見えるようで本質は平知盛の悲壮な決意が秘められているのです。

本武将浮世絵の制作者「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、幕末から明治時代初期に活躍。血みどろの無残絵が有名ですが、武者絵も数多く残しました。本武将浮世絵を含む「芳年武者无類」(よしとしむしゃぶるい)のシリーズは、大判32枚揃で、武者達の生き様を丁寧な筆致で描き出しています。

芳年武者无類 新中納言平知盛

「芳年武者无類 新中納言平知盛」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 平知盛

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「芳年武者无類 新中納言平知盛」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る