武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい さひょうえのすけみなもとのよりとも」 月岡芳年 作「芳年武者无類 左兵衛佐源頼朝」

芳年武者无類 左兵衛佐源頼朝

本武将浮世絵は、馬に乗った「源頼朝」(みなもとのよりとも)が雪景色の中で、日本刀(刀剣)で徒歩武者を一刀両断している場面を描写しています。

「源頼朝」と言えば、日本初の本格的武家政権となる「鎌倉幕府」を開き、その後、約700年に亘った武士による日本統治の基盤を築いた業績はあまりにも有名です。

源頼朝は、「武」よりも「政」(まつりごと)の部分について語られることが圧倒的に多い武将ですが、本武将浮世絵では武の面に着目。本図右側に配した、斬られた武者の表情と体の動きをコマ送りのように切り取った描写は、劇画のような臨場感を演出しています。

本武将浮世絵が収録されている「芳年武者无類」(よしとしむしゃぶるい)は、幕末から明治時代にかけて活躍した「月岡芳年」(つきおかよしとし)の「武者絵」(むしゃえ:歴史上の英雄などを題材とした浮世絵)のうち、傑作とされる32作品を選抜した作品集。浮世絵の需要が減退した中でも人気を誇っていた芳年には、「最後の浮世絵師」という異名もありました。

芳年武者无類 左兵衛佐源頼朝

「芳年武者无類 左兵衛佐源頼朝」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 源頼朝

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「芳年武者无類 左兵衛佐源頼朝」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る