武将浮世絵

つきおかよしとし さく「かいだいひゃくせんそう あいづこうもんかげかつ」 月岡芳年 作「魁題百撰相 会津黄門景勝」

魁題百撰相 会津黄門景勝

本武将浮世絵に表された「会津黄門景勝」(あいづこうもんかげかつ)とは、「上杉謙信」の養子で豊臣政権を支えた、会津藩(現在の福島県)藩主「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)のことです。

画面左上の詞書(ことばがき)には「関ヶ原の戦い」に挙兵した上杉景勝の武勇について書かれ、作品の題材は、勇猛な上杉景勝らしい「首実検」(くびじっけん)の場面となっています。

しかし、実際に本武将浮世絵に描かれているのは、「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)の戦いのひとつ「会津戦争」であると考えられているのです。上杉景勝の陣羽織(じんばおり)に白く染め抜かれた文様は上杉家の「上杉笹」ではなく「六つ葵」であり、この人物は会津藩9代藩主「松平容保」(まつだいらかたもり)であると見て取れます。

また、詞書にある「義簱を本国会津に挙ぐ」(ぎぎをほんごくあいづにあぐ)は、「会津戦争」の勃発を暗示。そして、差し出されている首は、会津戦争のきっかけとなる事件で殺害された、官軍の長州(現在の山口県)藩士「世良修蔵」(せらしゅうぞう)と推測されています。

幕末から明治時代前期に活躍した浮世絵師「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、「魁題百撰相」(かいだいひゃくせんそう)と題して、南北朝時代から江戸時代初期の歴史上の人物100人を描きました。「魁題百撰相」が制作された1868年(明治元年)頃は、時事を浮世絵に描くことが禁じられていたので、歴史上の人物になぞらえて当時の出来事を表現したのです。

魁題百撰相 会津黄門景勝

「魁題百撰相 会津黄門景勝」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 上杉景勝

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「魁題百撰相 会津黄門景勝」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る