武将浮世絵

おちあいよしいく さく「たいへいきえいゆうでん たけだかつより」 落合芳幾 作「太平記英勇伝 武田勝頼」

太平記英勇伝 武田勝頼

本武将浮世絵の題材となった「武田勝頼」(たけだかつより)は、武田信玄(たけだしんげん)から家督を継いだ戦国武将。

武田信玄の没後、長篠の戦いで「織田信長」(おだのぶなが)に敗れたことで、甲斐武田家を滅亡させてしまった印象が強いことから、一般的に、武将としての評価が高いとは言えません。もっとも、近年においては、軍神「上杉謙信」(うえすぎけんしん)や、織田信長が武田勝頼の武将としての資質を高く評価していたと読める書状が発見されるなど、これまでの武田勝頼像が覆される可能性が出てきています。

本武将浮世絵では、激戦を物語るかのように、顔面や鎧に返り血を浴び、血が滴り落ちるを持って、敵の頭を右足で踏みつける武田勝頼の姿を描写。武田勝頼の武勇に焦点を当てていると言えます。

作者は「落合芳幾」(おちあいよしいく)。江戸時代末期から明治時代に活躍した、当代を代表する浮世絵師の一人として知られています。

太平記英勇伝 武田勝頼

「太平記英勇伝 武田勝頼」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 落合芳幾 浮世絵の題材 武田勝頼

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「太平記英勇伝 武田勝頼」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る