武将浮世絵

おちあいよしいく さく「たいへいきえいゆうでん いまがわじぶたいふよしもと」 落合芳幾 作「太平記英勇伝 今川治部大輔義元」

太平記英勇伝 今川治部大輔義元

本武将浮世絵の題材となった「今川義元」(いまがわよしもと)と言えば、「桶狭間の戦い」において、兵力が圧倒的に劣っていた「織田信長」に屈した戦国武将としてあまりに有名です。

そのため、武将としての評価は決して高いとは言えません。もっとも、今川義元は「海道一の弓取り」(かいどういちのゆみとり)の異名を持っていました。「海道」とは「東海道」のことで、弓取りは、弓矢で戦う武士(大名)のこと。すなわち、今川義元は、東海道で最強の武士(大名)であると認識されていたのです。

貴族文化に染まってしまった公家のようないでたちの印象が強い今川義元ですが、本武将浮世絵では、甲冑(鎧兜)を身にまとい、日本刀(刀剣)を振りかぶって奮闘する様子が荒々しく描かれています。

本武将浮世絵のタイトルにある「太平記」は、南北朝時代の軍記物。今川義元が生きた時代とは隔たりがあります。その理由は、「天正」年間(1573~1592年)以後の武将については、絵を描いたり、名前を出したりすることが禁じられたのです。

そのため、寛政年間に大ブームを巻き起こした「絵本太閤記」を太平記に読み替えて出版することで、虚実を織り交ぜた体裁を取ったと言われています。作者は、江戸時代末期から明治時代に活躍した浮世絵師「落合芳幾」(おちあいよしいく)です。

太平記英勇伝 今川治部大輔義元

「太平記英勇伝 今川治部大輔義元」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 落合芳幾 浮世絵の題材 今川義元

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「太平記英勇伝 今川治部大輔義元」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る