合戦浮世絵

うたがわくにてる さく「あにがわだいがっせんのず」 歌川国輝 作「兄川大合戦之図」

兄川大合戦之図

本合戦浮世絵は、1570年(元亀元年)の「姉川の戦い」の一場面を描いた作品です。

この戦(いくさ)では、「織田信長」率いる軍が浅井・朝倉連合軍に大勝。この敗戦をきっかけに、浅井氏・朝倉氏は滅亡への道を辿ることとなりました。もっとも、信長軍も無傷だったわけではありません。開戦当初、苦戦を強いられていた信長軍では、先陣を切った織田信長の小姓(こしょう:武将の身の回りの世話をする少年)「坂井久蔵」(さかいきゅうぞう)が、16歳の若さで討ち死にしています。

3枚1組の本合戦浮世絵の中央では、を手に奮闘する「笹井久蔵」(ささいきゅうぞう)を描写。笹井久蔵は、坂井久蔵をもじったもので、タイトルの「兄川大合戦之図」の「兄川」も「姉川」をもじったものです。

江戸時代においては、戦国時代の出来事について、武将の名前をそのまま使用することは禁じられていました。そのため、あくまでも「架空の話」であるという体裁で浮世絵が制作されていたのです。

本合戦浮世絵は、1865年(慶応元年)に制作された作品で、作者は「歌川国輝」(うたがわくにてる:2代目)だと考えられます。

「兄川大合戦之図」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国輝 浮世絵の題材 姉川の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「兄川大合戦之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る