合戦浮世絵

けいさいえいせん さく「かなでほんちゅうしんぐらじゅういちだんめ」 渓斎英泉 作「仮名手本忠臣蔵十一段目」

仮名手本忠臣蔵十一段目

本合戦浮世絵は、「仮名手本忠臣蔵」(かなでほんちゅうしんぐら)の十一段目、クライマックスとなる討ち入りの場面を描いた作品です。

題材となったのは、元禄年間の「赤穂事件」。江戸時代においては、大名などがかかわった事件などについて、「人形浄瑠璃」や「歌舞伎」、「戯曲」(ぎきょく)などにおいて、実名を用いることは、ご法度でした。そのため、当該事件等を江戸時代より前の時代の出来事に仮託して描く「時代物」(じだいもの)という手法が用いられたのです。

仮名手本忠臣蔵においても、「吉良上野介」(きらこうづけのすけ)を「足利尊氏」の右腕として「室町幕府」の設立に貢献した「高師直」(こうのむろなお)に、「浅野内匠頭」(あさのたくみのかみ)を「塩冶高貞」(えんやたかさだ)に仮託して物語が展開されます。妻に横恋慕した高師直を塩冶高貞が切りつけたことで、塩冶家はお取り潰しとなり、塩冶高貞は切腹。これを受け、塩冶家の家老「大星由良助」(おおぼしゆらのすけ)ら浪士が討ち入りを敢行。高師直を討ち取り、本懐を遂げました。

本合戦浮世絵の作者「渓斎英泉」(けいさいえいせん)は、江戸時代後期に活躍した浮世絵師です。

「仮名手本忠臣蔵十一段目」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 渓斎英泉 浮世絵の題材 赤穂事件

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「仮名手本忠臣蔵十一段目」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る