武将浮世絵

きたがわうたまろ さく「かとうきよまさ」 喜多川歌麿 作「加藤清正」

加藤清正

本武将浮世絵は、「朝鮮出兵」時の「加藤清正」(かとうきよまさ)が、宴(うたげ)に興じる様子を描いた作品だと言われています。

前立」(まえたて)に、家紋である「蛇の目紋」(じゃのめもん)をあしらったをかぶり、具足姿で軍扇を手にした加藤清正の眼前で、異国情緒漂う服装の女性2人が唄と舞を披露している様子を描写。その様子を眺める加藤清正の猛将らしからぬ緩んだ表情が印象的です。

本武将浮世絵の作者「喜多川歌麿」(きたがわうたまろ)は、江戸時代の浮世絵師。特に「美人画」の名手として世界的な人気・知名度を誇っています。喜多川歌麿は晩年に、手鎖50日の仕置を受けていますが、これは1804年(文化元年)、「絵本太閤記」が絶版となる原因のひとつとなる挿絵を描いたためだと言われているのです。

これらの作品は、武将の姿を滑稽に描いていることに加え、好色的な内容が盛り込まれていたことが、倫理的・風紀的に好ましくないと考えられました。その中に、本武将浮世絵と同じ構図の絵が含まれていたとも言われているのです。

幕府からの「圧力」にも臆することなく描き続けた、喜多川歌麿の気概を感じ取ることのできる1枚であると言えます。

加藤清正

「加藤清正」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 喜多川歌麿 浮世絵の題材 加藤清正
葛飾北斎/HOKUSAI 葛飾北斎/HOKUSAI
葛飾北斎の肉筆画「武者絵(歴史絵):加藤清正公図」がご覧頂けます。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「加藤清正」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る