武将浮世絵

きたがわうたまろ さく「しばたかついえ」 喜多川歌麿 作「柴田勝家」

柴田勝家

本武将浮世絵は、「柴田勝家」が出陣する様子を描いたと言われている作品です。 柴田勝家と言えば、顔の下半分を覆うように、びっしりと生やした髭が印象的ですが、それと共に、個性的な家紋を用いていたことでも知られています。

それが「二つ雁金紋」(ふたつがんきんもん)です。2羽の「雁」(がん:カモ科の水鳥)をあしらった家紋はどことなくユーモラス。本武将浮世絵でも、柴田勝家が着用していると「幔幕」(まんまく)に、家紋に似せた雁の意匠があしらわれているのを見て取ることができます。

柴田勝家の左には、太刀を手にした「お市の方」(小谷の方)。「織田信長」の妹だったお市の方は、最初に嫁いだ「浅井長政」(あざいながまさ)が戦死したあと、柴田勝家と再婚しました。もっとも、夫婦生活は長続きしません。

結婚から約1年後。「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)で柴田勝家が「豊臣秀吉」に敗れると、「北の庄城」(きたのしょうじょう)で夫と共に自害する道を選び、その生涯を閉じました。

本武将浮世絵の作者は、「美人画」の名手としても知られる「喜多川歌麿」です。

柴田勝家

「柴田勝家」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 喜多川歌麿 浮世絵の題材 柴田勝家

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「柴田勝家」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る