合戦浮世絵

むしゃぎょうれつのず 武者行烈之圖

武者行烈之圖

本浮世絵は、「豊臣秀吉」の馬印(うまじるし:戦国時代の戦場において武将が自分の所在を示すために長の先に掲げた印)である「千成瓢箪」(せんなりびょうたん)が描かれていることと、画面奥の海に多くの船が見えることから、「朝鮮出兵」の場面だと考えられています。

「朝鮮出兵」とは、豊臣秀吉によって行なわれた2度にわたる朝鮮半島侵攻のこと。「文禄慶長の役」と呼ばれます。

本浮世絵を制作した「歌川芳虎」(うたがわよしとら)は、「歌川国芳」(うたがわくによし)に師事し、歌川国芳風の武者絵を得意としました。のちに歌川国芳とは袂を分かつものの、明治時代初頭には、維新の新しい風俗を描いた作品や美人画、相撲絵など幅広く手掛け、人気を博しています。

「武者行烈之圖」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 朝鮮出兵

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵写真(合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「武者行烈之圖」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る