合戦浮世絵

うたがわさだひで さく「やまざきだいかっせんのず」 歌川貞秀 作「山崎大合戰之圖」

山崎大合戰之圖

本合戦浮世絵で描かれているのは、タイトルが示す通り、1582年(天正10年)の6月13日、「織田信長」の家臣であった「豊臣秀吉」と「明智光秀」が衝突した「山崎の戦い」(やまざきのたたかい)。

豊臣秀吉は、毛利氏が領していた中国地方へ侵攻している最中でしたが、同年6月2日、明智光秀の謀反による「本能寺の変」で織田信長が討たれたことをその翌日に知ったため、即座に毛利氏と和睦を結び、兵を引き返して東上。そして両軍は、山城国大山崎(やましろのくに・おおやまざき:現在の京都府乙訓郡大山崎町周辺)の地にて対陣したのです。

本合戦浮世絵には、「洞ヶ峠」(ほらがとうげ)や「天王山」(てんのうざん)など、山崎の戦いに関連する名称が記されていますが、本図右側の本陣にいる武将には、「山名入道宗全」(やまなにゅうどうそうぜん)との名前が添えられています。

「山名入道宗全」と言えば、1467年(応仁元年)に起こった「応仁の乱」(おうにんのらん)において、西軍の総大将を務めた人物。 これは、本合戦浮世絵が制作された江戸時代には、「織豊時代」(しょくほうじだい:織田信長と豊臣秀吉が天下を掌握していた時代)の武将や合戦を浮世絵に取り上げることが禁じられていたため、山崎の戦いを応仁の乱に見立て、検閲を通過させる工夫をしたのです。

また、山名入道宗全の付近に「水色桔梗紋」(ききょうもん)の旗印があることから、明智光秀を山名入道宗全に仮託したと思われます。

なお、本合戦浮世絵は、大判3枚続のサイズですが、もとは6枚続であった作品です。作者の「歌川貞秀」(うたがわさだひで)は「横浜絵の第一人者」と評され、その作画期は、1826~1875年(文政9~明治8年)頃と長きに亘っています。

「山崎大合戰之圖」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞秀 浮世絵の題材 山崎の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「山崎大合戰之圖」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る