武将浮世絵

つきおかよしとし さく「かいだいひゃくせんそう はしばたいこうとよとみひでよしこう」 月岡芳年 作「魁題百撰相 羽柴太閣豊臣秀吉公」

魁題百撰相 羽柴太閣豊臣秀吉公

本武将浮世絵は、「無惨絵」でその名を馳せた浮世絵師「月岡芳年」(つきおかよしとし)が、1868年(慶応4年/明治元年)に手がけた「魁題百撰相」(かいだいひゃくせんそう)に含まれる作品。

タイトルの読みが「海内百戦争」と同音であることから、南北朝時代から江戸時代初期頃までに日本国内で活躍した武人を100人選び、それぞれの肖像を描いた武者絵の揃物(そろいもの)になっています。

本シリーズに隠された本当の題材は、「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)、中でも薩摩藩長州藩を中心とした新政府軍と、旧幕府軍の彰義隊(しょうぎたい)が衝突した「上野戦争」(うえのせんそう)における両軍の勇姿です。戊辰戦争は、月岡芳年が本シリーズを制作した年と同じタイミングで勃発。

そこで月岡芳年は、弟子と共に現地を取材して本シリーズを描きましたが、当時は錦絵に戊辰戦争を取り上げることが禁じられていたため、同戦争における出来事やかかわった人物を、戦国時代の武将などに仮託することで規制から免れたのです。

本武将浮世絵では、「豊臣秀吉」の肩に「織田信長」の孫にあたる「三法師」(さんぼうし:のちの「織田秀信」)が乗せられています。豊臣秀吉は、織田信長が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれたあと、わずか3歳であった三法師を織田信長の跡継ぎに推挙し、その後見人となりました。

詞書(ことばがき:絵に添えられる説明文)には、「千形瓢(せんなりひさご:豊臣秀吉の馬印である千成瓢箪)の馬印を東国北国(ほっこく)に輝かす」とありますが、豊臣秀吉が遠征して討伐したのは、東国にあたる北条氏のみで、北方に赴いたという史実はありません。

この1文は、戊辰戦争において「明治天皇」を擁した薩長率いる官軍を豊臣秀吉になぞらえ、関東や東北方面に進軍したことを暗に示しているのです。このことから考えると、三法師に見立てられているのは、満14歳、まだ少年期のうちに、天皇の位を受け継いだ明治天皇であることが推測できます。

魁題百撰相 羽柴太閣豊臣秀吉公

「魁題百撰相 羽柴太閣豊臣秀吉公」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 豊臣秀吉

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「魁題百撰相 羽柴太閣豊臣秀吉公」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る