武将浮世絵

つきおかよしとし さく「あずまのはなうきよこうだん じゅうじげんえもん」 月岡芳年 作「東錦浮世稿談 十時源右エ門」

東錦浮世稿談 十時源右エ門

本武将浮世絵は、今にも敵に飛び掛ろうとしている、騎手と馬の躍動感が見事な1枚。馬に乗った人物がふたり描かれ、「十時源右エ門」(じゅうじげんえもん)と「尼野傳右エ門」(あまのでんえもん)と書かれています。しかし、これがいささか厄介です。

それは、史実として実在するのは、「十時傳右エ門」(じゅうじでんえもん)と「天野源右衛門」(あまのげんえもん)であり、姓と名があべこべになっているため。

「天野源右衛門」とは、「安田国継」(やすだくにつぐ)のこと。安田国継は、「本能寺の変」の際に「明智光秀」の先鋒を務め、「織田信長」を一番槍で攻撃し、「森蘭丸」(もりらんまる)を討ち取った人物です。明智光秀亡きあとは、天野源右衛門に改名し、ふらふらと浪人をしていました。

そこへ「立花宗茂」(たちばなむねしげ)が召抱えようと声を掛けたところ、かつての武功を鼻にかけ、自分が一番槍を取るから1万石の褒賞をよこせと言うのです。そこで、立花宗茂が朝鮮出兵(文禄慶長の役)の際に雇ったところ、一番槍を取ったのは、天野源右衛門ではなく、十時傳右エ門だったので、天野源右衛門は即クビになったという逸話があります。

本武将浮世絵の「東錦浮世稿談」(あずまのはなうきよこうだん)は、1867年(慶應3年)~1868年(慶應4年)にかけて発表された講釈師が語る話を戯作者「仮名垣魯文」(かながきろぶん)が筆記し、月岡芳年が場面を描いた全50揃の錦絵です。

本武将浮世絵を描いた「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、幕末から明治時代にかけて活躍した浮世絵師。武者絵を得意とした「歌川国芳」(うたがわくによし)の弟子で、同じく「武者絵」や「血みどろ絵」と呼ばれる残酷な描写を得意として、一躍脚光を浴びました。

東錦浮世稿談 十時源右エ門

「東錦浮世稿談 十時源右エ門」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 文禄の役

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「東錦浮世稿談 十時源右エ門」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る