武将浮世絵

つきおかよしとし さく「あづまのうきよこうだん さとうまさきよ」 月岡芳年 作「東錦浮世稿談 佐藤正清」

東錦浮世稿談 佐藤正清

本武将浮世絵は、「賤ヶ岳の七本槍」のひとり「加藤清正」(かとうきよまさ)を描いた絵図。

碁を打っているのは、朝鮮軍の「麻貴」(まき)将軍。そして左側から布をまくり、中にいる人物を見ているのが加藤清正です。1597年~1598年(慶長2年~慶長3年)の「慶長の役」における「蔚山城の戦い」(いさん[うるさん]じょうのたたかい)の様子を碁の対局で描いており、日本が朝鮮軍に勝利できたのは、加藤清正の助言があったからと言うことを表しています。

なお、名前が「佐藤正清」と変えられていますが、これは江戸幕府による出版統制令を避けるための工夫です。羽織っている衣服に加藤清正の家紋「桔梗紋」と「蛇の目紋」が入っていることから、加藤清正と分かるようになっています。

加藤清正は、築城の名手でした。熊本県熊本市の「熊本城」を築城したのが加藤清正であることから、現在でも熊本市民からは「清正公」(せいしょこ)さんと呼ばれ親しまれています。

本武将浮世絵の作者は「月岡芳年」(つきおかよしとし)。21歳から浮世絵師として活動をはじめて、54歳で病没するまでの33年間に制作した作品数は、1万点にものぼると言われています。浮世絵以外に雑誌や新聞の挿絵を手掛けており、「葛飾北斎」や3代目「歌川国貞」と並ぶほど多くの作品を残しました。

東錦浮世稿談 佐藤正清

「東錦浮世稿談 佐藤正清」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 加藤清正
葛飾北斎 葛飾北斎
葛飾北斎の肉筆画「武者絵(歴史絵):加藤清正公図」がご覧頂けます。

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「東錦浮世稿談 佐藤正清」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る