合戦浮世絵

うたがわとよのぶ さく「しんせんたいこうき しみずむねはるせっぷくのず」 歌川豊宣 作「新撰太閤記 清水宗治切腹之図」

新撰太閤記 清水宗治切腹之図

本合戦浮世絵で描かれているのは、1582年(天正10年)、「羽柴秀吉」率いる織田軍と、中国地方を領していた毛利軍とのあいだで起こった「備中高松城の戦い」(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)の一場面です。

本合戦浮世絵手前側の小船の上にいるのは、高松城主で毛利氏に仕えていた「清水宗治」(しみずむねはる)。羽柴秀吉の軍師「黒田孝高/官兵衛」(くろだよしたか/かんべえ)の考案により決行された「水攻め」に屈し、降伏せざるを得なくなった清水宗治は、織田軍との和睦を図るため、自身の城兵達の助命を引き換えにして自害することとなったのです。

本合戦浮世絵では、織田軍が待ち構える水辺に清水宗治が自ら小船を出し、切腹の前に謡曲「誓願寺」(せいがんじ)をひと差し舞う姿が描かれています。その後、清水宗治は家臣の介錯のもと、船上で命を絶ったと伝えられており、羽柴秀吉は、その潔さと死に際の美しさを称賛しました。

また、豊臣政権における三中老のひとりで、清水宗治の検死役を務めた「堀尾吉晴」(ほりおよしはる)が乗る奥の船上には、詞書(ことばがき:絵に添えられる説明文)に「懇待の進物 名士を憐む」とある通り、清水宗治への進物と思しき鯛と酒樽らしき物が見られます。実際に清水宗治は、城から船を出す前に羽柴秀吉より酒と肴が贈られ、それらを用いて側近達と別れの宴を開いたと伝えられているのです。

本合戦浮世絵の作者である「歌川豊宣」(うたがわとよのぶ)は、役者絵や武者絵、新聞の挿絵など、多岐にわたるジャンルを得意とした明治時代の浮世絵師。本合戦浮世絵は、「織田信長」を主人公にして描かれた揃物(そろいもの)である「新撰太閤記」(しんせんたいこうき)に含まれる作品です。

「新撰太閤記 清水宗治切腹之図」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 備中高松城の戦い

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「新撰太閤記 清水宗治切腹之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る