武将浮世絵

うたがわさだひで さく「さなだまさゆき・しずがたけしちほんやり」 歌川貞秀 作「真田昌幸・賤ヶ岳七本槍」

真田昌幸・賤ヶ岳七本槍

本武将浮世絵の中央上部に描かれている武将は、手に持つ軍配にいわゆる「太閤桐」(たいこうぎり)の家紋があり、また、「羽柴久吉公」(はしばひさよしこう)との名前が添えられていることからも分かる通り「羽柴秀吉」です。

そして、羽柴秀吉の周りを所狭しと囲んでいるのは、1583年(天正11年)、羽柴秀吉と「柴田勝家」(しばたかついえ)との間で起こった「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)において、秀吉軍の勝利に大いに貢献したことで、「賤ヶ岳の七本槍」と称されるようになった7人の武将を中心とする、羽柴秀吉の11人の家臣達。

中央下部で、戦国時代の大砲である「大筒」(おおづつ)を抱える武将の名は「佐名田昌羍」(さなだまさたつ)となっていますが、こちらは「真田昌幸」(さなだまさゆき)であることが推測できます。

このように、それぞれの武将の名前が実際とは少しずつ変えられているのは、江戸幕府により、実在した戦国武将を浮世絵の題材にすることが禁じられていたため。羽柴秀吉を始めとする12人すべての武将に架空の名前を宛てがっているところなどは、何としてでも規制をかいくぐり、勇猛な戦国武将のことを描きたいという、作者の気概のようなものさえ感じさせます。

本武将浮世絵の作者は、「歌川国芳」(うたがわくによし)に師事し、幕末の開港期から明治初期にかけての横浜をテーマにした、「横浜絵」の第一人者としても知られる浮世絵師「歌川貞秀」(うたがわさだひで:のちに姓を「橋本」[はしもと]とする)です。

「真田昌幸・賤ヶ岳七本槍」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞秀 浮世絵の題材 賤ヶ岳の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「真田昌幸・賤ヶ岳七本槍」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る