武将浮世絵

なかざわとしき さく「とよとみくんこうき すのまたいちやじょうをいちやにけんちくのず」 中沢年甲 作「豊臣勲功記 木下須股城ヲ一夜二建築之図」

豊臣勲功記 木下須股城ヲ一夜二建築之図

本武将浮世絵の作者は、明治時代の浮世絵師「中沢年甲」(なかざわとしき)。その師は「血まみれ芳年」(ちまみれよしとし)の異名を取る「月岡芳年」(つきおかよしとし)です。 本武将浮世絵に描かれているのは、世に言う「木下藤吉郎」(きのしたとうきちろう:のちの「豊臣秀吉」)の伝説「墨俣一夜城」(すのまたいちやじょう)における一場面。

美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)の「墨俣」の地名はもともと、本武将浮世絵のタイトルにもある「須股」や、大きな中州があることから「洲股」とも表記されており、交通の要衝(ようしょう)として多くの武将が自身の拠点とするために欲していた場所。

それは天下統一を目指していた「織田信長」にとっても同じことで、さらには、美濃の斎藤氏を攻める前線基地とするために、墨俣の地に城を築くことを豊臣秀吉に命じたのです。

同地が湿地帯であったこと、また、敵地でもあったことから城を建てることは困難であると思われましたが、豊臣秀吉は、「一夜」とは言えないまでも、4~7日間ほどで完成させたと伝えられています。そして豊臣秀吉は、この墨俣城の築城を機に、一気に出世街道を上り詰めていくことになるのです。

なお織田信長は、本武将浮世絵に描かれている織田氏家臣団の筆頭家老「佐久間信盛」(さくまのぶもり)や、織田氏の重鎮であった家臣「柴田勝家」(しばたかついえ)にも、墨俣城の築城を命じていましたが、あえなく失敗。本武将浮世絵において両者が豊臣秀吉に向けている眼差しには、その悔しさがにじみ出ているようにも感じられます。

「豊臣勲功記 木下須股城ヲ一夜二建築之図」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 中沢年甲 浮世絵の題材 豊臣秀吉

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「豊臣勲功記 木下須股城ヲ一夜二建築之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る