合戦浮世絵

つきおかよしとし さく「あまがさきだいかっせんたけちしゅじゅううちじにのず」 月岡芳年 作「尼崎大合戦武智主従討死之図」

尼崎大合戦武智主従討死之図

本合戦浮世絵は、1582年(天正10年)6月、織田信長の家臣であった「明智光秀」と「豊臣秀吉」が対立した「山崎の戦い」において、秀吉軍に敗れた明智光秀とその家臣たちの最期を描いた作品。

本合戦浮世絵のタイトルにある「尼崎」(あまがさき)は、兵庫県にある市の名称として今も残る地名ですが、ここでは「山崎」をもじったものであることが推測されます。

これは、本合戦浮世絵が制作された1865年(慶応元年)には、織豊時代(しょくほうじだい:織田信長と豊臣秀吉の時代)、及び天正年間(1573~1593年)以降に起こった大名家にまつわるできごとや武将などを描くことに関して、江戸幕府によりすでに禁じられていたことが背景にあるためです。

そのため、本合戦浮世絵の主人公である明智光秀は「武智日向守光秀」(たけちひゅうがのかみみつひで)、家臣たちについても、「斎藤内蔵助利三」(さいとうくらのすけとしぞう)は「斎藤内蔵助光行」、「溝尾庄兵衛茂朝」(みぞおしょうべえしげとも)は「水尾正兵衛光国」(みずおしょうべえみつくに)といった別の名前に変えられ、幕府の禁令を上手く回避する工夫がなされています。

今まさに自害したと思われる「武智十次郎光吉」(たけちじゅうじろうみつよし=「明智十次郎光泰」[明智自然(じねん)とも])の苦痛に歪む表情や、その他の武将たちも執拗なまでに血みどろに描かれているところなどに、「無惨絵」で高い人気を得た本合戦浮世絵の作者「月岡芳年」(つきおかよしとし)の真価が、大いに発揮されている作品です。

「尼崎大合戦武智主従討死之図」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 山崎の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「尼崎大合戦武智主従討死之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る