武将浮世絵

うたがわよしつや さく「かわなかじまだいがっせんくみうちづくし うえすぎかげとら ばばみののかみ」 歌川芳艶 作「川中島大合戦組討尽 上杉景虎 馬場美濃守」

川中島大合戦組討尽 上杉景虎 馬場美濃守

本武将浮世絵は、1857年(安政4年)に出された「川中島大合戦組討尽」(全12枚)の4枚目にあたる物です。取っ組み合いをしているのは、「上杉景虎」(うえすぎかげとら)と「馬場美濃守」(ばばみののかみ:馬場信春[ばばのぶはる])の2人。

上杉景虎は、上杉謙信の養子となりましたが、上杉謙信の死後、家督争いに負けて26歳の若さで自害しました。対する馬場美濃守は武田四天王のひとりで、70回以上も戦に出ましたが、かすり傷ひとつ負わなかったことから「不死身の鬼美濃」と呼ばれています。

まるで歌舞伎の隈取のように表現された、馬場美濃守の顔が印象的。大きく見開いた目は血走っており、歯を食いしばっているためか、仁王のようにも見えるのです。

しかし、その一方で2人の両足は、ほぼ同じ形で踏ん張っています。違っているのは足袋の色だけ。頭の位置、甲冑(鎧兜)の様子も平行に引き写したかのよう。体の軸を平行に描くというテクニックで、2人の力が均衡であることを表現しています。この勝負、なかなか終わる気配がありません。

川中島大合戦組討尽 上杉景虎 馬場美濃守

「川中島大合戦組討尽 上杉景虎 馬場美濃守」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳艶 浮世絵の題材 川中島の戦い

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「川中島大合戦組討尽 上杉景虎 馬場美濃守」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る