武将浮世絵

うたがわよしつや さく「かわなかじまだいがっせんくみうちづくし うさみするがのかみ さいぐさかげゆ」 歌川芳艶 作「川中島大合戦組討尽 宇佐美駿河守 三枝勘解由」

川中島大合戦組討尽 宇佐美駿河守 三枝勘解由

本武将浮世絵は1857年(安政4年)に発表された「川中島大合戦組討尽」(全12枚)の3枚目にあたる武将浮世絵です。すべての図で、上杉謙信側の武将と武田信玄側の武将が取っ組み合いをしているのが特徴。

戦っているのは、「宇佐美駿河守」(うさみするがのかみ:宇佐美定満[うさみさだみつ])と「三枝勘解由」(さいぐさかげゆ:三枝(山県)昌景[さいぐさ(やまがた)まさかげ])の2人です。

宇佐美駿河守は上杉四天王のひとりで、上杉謙信の軍師として活躍。琵琶島の領主であったことから「琵琶島殿」と呼ばれました。対する三枝勘解由は「武田信玄」の家臣で、足軽大将。武田信玄から「我が眼」と言われたほど勇猛で、武田四天王、武田二十四将のひとりにも選ばれた人物です。

「組討」とは、日本刀(刀剣)などを用いず、腕力で相手を倒すこと。とても複雑な構図で、中央右には宇佐美駿河守の右足があり、三枝勘解由の厚い胸板を押さえつけています。それに対して、倒されまいと踏ん張る三枝勘解由は、右手を相手の甲冑(鎧兜)の中に入れて衣ごとつかみ、今にも投げ飛ばしそうな様子を描写。2人の武将の力が拮抗した瞬間を、歌川芳艶の筆は見事にとらえています。

川中島大合戦組討尽 宇佐美駿河守 三枝勘解由

「川中島大合戦組討尽 宇佐美駿河守 三枝勘解由」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳艶 浮世絵の題材 川中島の戦い

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「川中島大合戦組討尽 宇佐美駿河守 三枝勘解由」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る