武将浮世絵

うたがわくによし さく「たいへいきえいゆうでん あまなかしかのすけゆきもり」 歌川国芳 作「太平記英勇伝 尼中鹿之助幸盛」

太平記英勇伝 尼中鹿之助幸盛

歌川国芳」(うたがわくによし)の作である「太平記英勇伝」(たいへいきえいゆうでん)は、1848年(嘉永元年)より2年をかけて全50枚が発行された揃物(そろいもの:シリーズ物)の作品。

この「太平記」は、南北朝時代の歴史を題材にした同名の古典文学作品のことではなく、「豊臣秀吉」の立身出世を描いた一代記である「太閤記」(たいこうき)のこと。

当時は、江戸幕府によって、いわゆる「織豊時代」(しょくほうじだい:「織田信長」と豊臣秀吉の時代のこと)の武将を浮世絵などの題材にすることは禁じられていましたが、歌川国芳は「太閤記」を「太平記」と読み替えることで、「太平記英勇伝」に豊臣秀吉ゆかりの人物を登場させたのです。

このように、幕府の規制を巧みにかわす風刺精神が大衆から絶大な支持を受け、歌川国芳は江戸時代末期を代表する人気浮世絵師になりました。

本武将浮世絵に「尼中鹿之助幸盛」(あまなかしかのすけゆきもり)の名で描かれているのは、山陰地方の武将であった「山中鹿之助幸盛」(やまなかしかのすけゆきもり:同音で「鹿介」とも表記する)。山中鹿之助幸盛がその忠義の限りを尽くした主君、「尼子氏」(あまごし)の再興を願って細い三日月を見上げ、「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と祈った逸話に基づいた作品です。

太平記英勇伝 尼中鹿之助幸盛

「太平記英勇伝 尼中鹿之助幸盛」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 山中鹿之助幸盛

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「太平記英勇伝 尼中鹿之助幸盛」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る