武将浮世絵

うたがわよしふさ さく「みたてじっかんのうち おぐるすのつち たけちみちひで」 歌川芳房 作「見立十干之内 小栗栖の土 武智道秀」

見立十干之内 小栗栖の土 武智道秀

1582年(天正10年)、「明智光秀」(あけちみつひで)は、「本能寺の変」で天下統一を目前にしていた「織田信長」を自害に追い込みました。天下人に近づいた光秀でしたが、同年の「山崎の戦い」で「豊臣秀吉」に敗れてしまいます。

その間、わずか11日。これがいわゆる光秀の「3日天下」です。

山崎の戦いで敗れた光秀は、戦場となった「山崎」から拠点の「坂本城」へと落ち延びる途中の「小栗栖」(おぐるす:現在の京都市伏見区の東部)で落武者狩りに遭い、絶命したと言われています。

本武将浮世絵では、光秀をもじった「武智道秀」が、小栗栖において、竹槍で腹部を刺突された様子が描かれています。

作者は、江戸時代末期の浮世絵師である「歌川芳房」(うたがわよしふさ)。光秀の名が実際と異なっているのは、江戸幕府によって、天正年間(1573~1592年)以降の大名家や徳川家を題材にして浮世絵を描くことが禁じられていたためです。

見立十干之内 小栗栖の土 武智道秀

「見立十干之内 小栗栖の土 武智道秀」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳房 浮世絵の題材 明智光秀

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「見立十干之内 小栗栖の土 武智道秀」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る