武将浮世絵

つきおかよしとし さく「かいだいひゃくせんそう おばたすけろくろうのぶよ」 月岡芳年 作「魁題百撰相 小幡助六郎信世」

魁題百撰相 小幡助六郎信世

本武将浮世絵の「魁題百撰相」(かいだいひゃくせんそう)は、錦絵に時事を描くことが禁止されていた時代に描かれた「謎解き」となっているところが特徴です。

作者「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、戊辰戦争での「彰義隊」(しょうぎたい:旧幕臣。「徳川慶喜」の護衛部隊)の活躍を、歴史上の武人に見立てて描きました。 これは、「石田三成」(いしだみつなり)の家臣、「小幡信世」(おばたのぶよ:通称は助六郎)が、切腹している場面。青ざめた顔、血走った目、腹から染み出る血など、とても生々しく描かれています。

石田三成と言えば、1600年(慶長5年)に「関ヶ原の戦い」で西軍の大将となりますが、敗戦して逃亡(のちに捕われ斬首)。小幡信世は石田三成とはぐれて捕らえられ、徳川家康のもとに連行されます。そのとき、はぐれていたにも関わらず、「主人の居所はよく存じております。しかし、恩を受けた身。口を割るような不義は致しません」と抵抗。それを逆に徳川家康は、「忠義がある」と感心して、釈放しました。しかし小幡信世は、すぐに自害。徳川家康は小幡信世の死をとても惜しんだと伝えられています。

戊辰戦争(上野戦争)においても、彰義隊頭取の「織田房之助」らが、自害しました。徳川慶喜が降伏して江戸城が無血開城になったあとの出来事です。彰義隊は、厄介な残党と扱われ、上野戦争の戦死者や自害者は 遺体を野ざらしにされ、埋葬を禁止。月岡芳年は実際に取材して、その酷い姿を写生したことが伝えられています。

魁題百撰相 小幡助六郎信世

「魁題百撰相 小幡助六郎信世」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 小幡信世

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「魁題百撰相 小幡助六郎信世」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る