合戦浮世絵

ようさいのぶかず さく「ほんのうじやきうちのず」 楊斎延一 作「本能寺焼討之図」

本能寺焼討之図

1582年(天正10年)の「本能寺の変」は、日本史上屈指の大事件であり、数多くの浮世絵師の筆によって様々な形で描かれています。

本合戦浮世絵の中央では、甲冑(鎧兜)を身にまとった「安田国継」(やすだくにつぐ:通称・安田作兵衛)が、「織田信長」にを突き立てようとしている様子を描写。国継は、本能寺の変で信長に一番槍をつけたとされる武将で、本能寺の変を題材とした浮世絵では、必ずその姿が描かれていると言われています。国継の背後から槍を手にして迫っているのが、信長の小姓(こしょう:武将に仕えて身の回りの世話をする少年)だった「森蘭丸」(もりらんまる)。蘭丸もまた、本能寺の変を題材とした浮世絵のほとんどに登場しています。

本合戦浮世絵の作者「楊斎延一」(ようさいのぶかず)は、明治時代の浮世絵師で、主に「日清戦争」や「日露戦争」など戦争の「錦絵」(にしきえ)を描いて名を上げました。本合戦浮世絵からは、摺りの出来と保存状態の良さを確認することができます。

「本能寺焼討之図」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊斎延一 浮世絵の題材 本能寺の変

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「本能寺焼討之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る