合戦浮世絵

すずきとしもと さく「さつまだいがっせん」 鈴木年基 作「薩摩大合戦」

薩摩大合戦

本合戦浮世絵は、「西郷隆盛」(さいごうたかもり)率いる鹿児島士族が起こした反乱である「西南戦争」(せいなんせんそう)において、政府軍と激闘する様子を描いた1場面。転がる首や血みどろになって戦う兵士の風貌は、同戦争の凄惨さを物語っていますが、同時に政府軍が優勢であったことも伝えているのです。

また、本合戦浮世絵からは作者の「鈴木年基」(すずきとしもと)が、いわゆる「無惨絵」でその名を馳せた、自身の師である「月岡芳年」(つきおかよしとし)の影響を多分に受けていることも窺えます。

「鈴木年基」は、通称「雷之助」(らいのすけ)と言い、「雷斎/蕾斎」(らいさい)と号した大阪の浮世絵師です。生没年は不詳ですが、1877年(明治10年)、自ら絵草紙(えぞうし:挿絵入りの娯楽本の総称。「草双紙」[くさぞうし]とも言う)「薩摩大戦記」(さつまたいせんき)の編集、及び出版人となったことから、その生涯の始まりは、安政初年(1854年)頃から嘉永年間(1848~1854年)頃にまで遡ると考えられます。

「薩摩大合戦」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 鈴木年基 浮世絵の題材 西南戦争

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「薩摩大合戦」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る