合戦浮世絵

やまざきとしのぶ さく「さどわらじょうしんげきのず」 山崎年信 作「佐土原城進撃之図」

佐土原城進撃之図

本合戦浮世絵は、薩摩軍が佐渡原城(現在の宮崎県宮崎市)へ進撃した様子を伝える1枚です。実は、このときにはすでに、明治政府軍が圧倒的に優勢でした。それにもかかわらず、本合戦浮世絵では西郷隆盛を中心に、「逸見十郎太」(へみじゅうろうた:戊辰戦争で活躍。西南戦争では薩摩3番大隊1番小隊長)や「有馬藤太」(ありまとうた:戊辰戦争で活躍。近藤勇を降伏させ助命を願ったことで有名)といった薩摩軍勢の戦う姿が、まるで勝っているかのように、勢い良く生き生きと描かれています。このことから当時の人は、薩摩軍に関心が高く、同情的だったと想像することができるのです。

本合戦浮世絵を描いた「山崎年信」(やまざきとしのぶ)は、「月岡芳年」(つきおかよしとし)に入門し、天才と呼ばれ、水野年方、稲野年恒、右田年英と共に「芳年四天王」のひとりにも選ばれた人物。1877年(明治10年)に、「西南戦争」(せいなんせんそう:「西郷隆盛」率いる薩摩軍と明治政府軍の戦い)を題材とした錦絵30点をタイムリーに描き、ブームを起こしました。

「佐土原城進撃之図」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 山崎年信 浮世絵の題材 西南戦争

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「佐土原城進撃之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る