合戦浮世絵

うたがわくによし さく「うじかわせんじん」 歌川国芳 作「宇治川先陣」

宇治川先陣

「宇治川先陣」(うじがわせんじん)を描いたのは、「歌川国芳」(うたがわくによし)。歌川国貞、歌川広重と共に、歌川派の三巨匠と言われた人物で、武者絵が得意でした。 本合戦浮世絵は、平安時代の軍記物語「平家物語」に登場する「宇治川の戦い」がモチーフ。

1184年(寿永3年)、「源頼朝」(みなもとのよりとも)は叔父である「木曽(源)義仲」(きそ[みなもと]よしなか)を討つことを決意します。そのとき、活躍したのが、3人の武将です。画面左の「畠山庄司重忠」(はたけやましょうじしげただ)は、実は宇治川に先陣(せんじん:いちばん乗り)をしたのですが、渡河の途中で馬を射られて徒歩となり、同じく馬を射られた「大串重親」(おおぐししげちか)を助けるはめに。次に表れたのが、画面右側の「梶原源太景季」(かじわらげんたかげすえ)。

しかし、画面中央の「佐々木四郎高綱」(ささきしろうたかつな)は、頼朝からいちばんの名馬「生唼」(いけづき)を拝領していたため、何としても1番乗りになりたいと、景季に馬の帯が緩んでいると知謀を働いて出し抜き、ついに先陣を切るのです。猛者揃いで英知にあふれた頼朝軍の様子を伝える、見事な1枚です。

「宇治川先陣」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 宇治川の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「宇治川先陣」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る