武将浮世絵

つきおかよしとし さく「せきがはらゆうしぐんしょうこれず」 月岡芳年 作「関ヶ原勇士軍賞之図」

関ヶ原勇士軍賞之図

「月岡芳年」(つきおかよしとし)が、1873年(明治6年)に描いた浮世絵です。1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」において、「福島正則」(ふくしままさのり)は、西軍の「宇喜多」(うきた)軍に勝利し、褒賞として安芸国・備後国(いずれも現在の広島県)2国を賜ることになります。

その際、福島軍の先鋒(せんぽう:先陣を切る者)を務めた家臣の「福島丹波守治重」(ふくしまたんばのかみはるしげ)、「尾関正勝」(おぜきまさかつ)、「長尾隼人」(ながおはやと)も共に「徳川家康」の前へ出ました。

ところが、この3人のいずれも体が不自由であったため、周囲に控えていた者たちがそれを揶揄したと言います。これに対し家康は、「笑うな。誰もが勇者である。」と叱責。こうして3人の武勇を称えた場面が生き生きと描かれています。

「関ヶ原勇士軍賞之図」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 関ヶ原の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「関ヶ原勇士軍賞之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る