武将浮世絵

ようしゅうちかのぶ さく「こまきやまにやすまさひでよしをおう」 楊洲周延 作「小牧山二康政秀吉ヲ追フ」

小牧山二康政秀吉ヲ追フ

本武将浮世絵で描かれているのは、1584年(天正12年)に起こった「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたたかい)での一場面。同合戦は、「本能寺の変」で「織田信長」が亡くなったあとに繰り広げられた織田家の覇権争いに乗じて、「羽柴(豊臣)秀吉」軍と、信長の次男・信雄(のぶかつ)・「徳川家康」連合軍のあいだで勃発しました。

本武将浮世絵の中央には、家康の家臣で「徳川四天王」のひとりに数えられる「榊原康政」(さかきばらやすまさ)が、秀吉を猛追する姿が描かれています。作者の「楊洲周延」(ようしゅうちかのぶ)は、豪華絢爛な3枚続きの錦絵である「大奥」などの風俗画で有名な浮世絵師ですが、初期の頃は、このような力強い武者絵も得意としていたのです。

康政は、織田家に仕えていた秀吉の裏切りを咎める檄文(げきぶん)を出したことで秀吉の怒りを買い、自身の首に10万石の懸賞をかけられていました。しかしそれを物ともせず、秀吉の甥・秀次(ひでつぐ)の軍勢を、ほぼ壊滅状態に追い込むなどの武功を挙げています。勢いよく走る馬にまたがりながら長を巧みに扱う勇猛な康政を描き、彼がいかに武勇に優れた武将であったかを映し出している1枚です。

「小牧山二康政秀吉ヲ追フ」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 榊原康政

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「小牧山二康政秀吉ヲ追フ」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る