合戦浮世絵

うたがわとよのぶ さく「しんせんたいこうき ほんのうじ」 歌川豊宣 作「新撰太閤記 本能寺」

新撰太閤記 本能寺

1582年(天正10年)に起きた「本能寺の変」は、天下統一を目前にしていた「織田信長」が「明智光秀」(あけちみつひで)の謀反によって命を落とした日本史上屈指の大事件。1万3千を超える光秀軍に対して信長方の手勢は150~160人程度だったと言われています。

迫り来る光秀軍に対し、信長方は弓、日本刀(刀剣)などで応戦しましたが、多勢に無勢は明らか。約4時間の戦いの末、信長は本能寺の社殿もろとも焼け落ちたのでした。

本合戦浮世絵では、明治時代の浮世絵師「歌川豊宣」(うたがわとよのぶ)の筆によって、信長の「小姓」(こしょう:身分の高い人の側で仕えていた少年)だった「森蘭丸」(もりらんまる)が、社殿の中へと攻め込もうとする「安田国継」(やすだくにつぐ)に槍を浴びせる様子が描かれています。

「新撰太閤記 本能寺」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 本能寺の変

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「新撰太閤記 本能寺」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る