合戦浮世絵

うたがわとよのぶ さく「しんせんたいこうき あつたじんぐうきがん」 歌川豊宣 作「新撰太閤記 熱田神宮祈願」

新撰太閤記 熱田神宮祈願

本合戦浮世絵を描いた「歌川豊宣」(うたがわとよのぶ)は、天才「歌川豊国」(3代)の孫で、歌川国久(2代)の長男。武者絵・風俗画が得意でしたが、28歳という若さで早世しました。そんな豊宣が24歳のときに手掛けたのが、「豊臣秀吉」の一代軍記『新撰太閤記』の大判錦絵です。本合戦浮世絵は、その中の一遍で、軍記「信長公記」にちなんで創作された物。

「信長公記」には、「織田信長」軍が「桶狭間の戦い」の前、戦勝祈願に「熱田神宮」を訪れた際、偶然2羽の白鷺が飛びたつのを見て吉兆だと士気を高め、ほんの少人数で4万6千と言われた大敵「今川義元」軍を倒したことが書かれています。

本合戦浮世絵は、その少し前。秀吉が熱田神宮で、信長の目を盗んで鈴声(れいせい:すずの音)を鳴らし、2羽の白鷺を放している場面です。吉兆は偶然ではなく、どんなときでも主君への心配りを忘れなかった、秀吉の粋な計らいがあったことを物語っています。

「新撰太閤記 熱田神宮祈願」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 桶狭間の戦い

関連浮世絵のご紹介

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「新撰太閤記 熱田神宮祈願」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る