合戦浮世絵

ようしゅうちかのぶ さく「こまきやませんそうのず」 楊洲周延 作「小牧山戦争之図」

小牧山戦争之図

歌川国芳」(うたがわくによし)や「歌川国貞」(うたがわくにさだ)に師事したのちに「豊原国周」(とよはらくにちか)に転じ、国周一門の中でもその第1の高弟として知られる「楊洲周延」(ようしゅうちかのぶ)。大奥風俗や宮廷官女などの美人風俗画の名手として明治時代に人気を博していましたが、もともとは江戸幕府の御家人であり、初期には武者絵や西南戦争を題材とした作品も手がけていました。

本合戦浮世絵では、「羽柴(豊臣)秀吉」と「徳川家康」が唯一真っ向から衝突したと伝えられる1584年(天正12年)の「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたたかい)において、秀吉方の「加藤清正」(かとうきよまさ)と家康方の「本多忠勝」(ほんだただかつ)が直接対峙している場面が描かれています。

同合戦での清正と忠勝の対決は、実際には小競り合い程度で終わったとも考えられていますが、本合戦浮世絵は、延周独特の鮮やかな色使いをもって、両武将の凄まじい気迫が表されている作品です。

「小牧山戦争之図」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 小牧・長久手の戦い

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/武将浮世絵)」の「小牧山戦争之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「浮世絵[武者絵]」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る