武者絵とは、歴史に名を残してきた合戦や武者の姿を描いた浮世絵のことです。武者と似たような意味の言葉に、武士、武将、侍などがあります。どの言葉も「武芸に秀でた者」という意味で同じです。しかし、侍と武将は少し意味が異なります。侍とは、皇族や貴族などに仕える武士のこと。そして、武将とは、武士の大将のことを指します。
こちらでは、そんな武者たちによる戦いの姿や合戦を描いた「浮世絵[武者絵]」をご紹介。喜多川歌麿や歌川国芳、歌川広重(二代)といった有名な浮世絵師たちが描いた合戦浮世絵、侍・武将浮世絵をお楽しみ頂けます。作品の詳細ページには浮世絵の写真と作品の詳しい解説がありますので、ぜひご覧下さい。
掲載数115 点
(掲載予定数 : 128 点 )

1列表示にする

楓川亀遊

勝川春亭

河鍋暁斎

喜多川歌麿

渓斎英泉

小林清親

昭皇斎国広

鈴木年基

中澤年章

中沢年甲

長谷川貞信

山崎年信

楊斎延一

楊洲周延

歌川国綱

歌川国輝

歌川国芳

歌川貞秀

歌川豊国(三代)

歌川豊宣

歌川広重(二代)

歌川芳形

歌川芳員

歌川芳艶

歌川芳虎

歌川芳房

落合芳幾

月岡芳年

豊原国周

水野年方

絵師不詳

葛飾北斎 葛飾北斎

江戸時代を代表する浮世絵師「葛飾北斎」。世界でも高い評価を受けている葛飾北斎に関するエピソードをまとめています。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「浮世絵[武者絵](合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」のページです。合戦の様子や、武者、武士、武将、侍による戦いの姿を描いた浮世絵をご覧頂けます。浮世絵は、浮世絵師ごとに一覧となっており、詳しい解説と共に作品を観ることが可能です。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る