• 未鑑定
  • 室町時代

おてぎね

御手杵

御手杵

「御手杵」の名前の由来になっている「手杵」とは、餅をつくための杵のことです。これは、矛先をに収めたときの形状が手杵に似ていることからそう呼ばれたとされています。

蜻蛉切(とんぼきり)・日本号と並ぶ「天下三名槍」ですが、「御手杵」のみ第二次世界大戦時の東京大空襲にて消失してしまい、実物は現存していません。

来歴として、下総国(しもうさのくに)の大名であった結城晴朝(ゆうきはるとも)が所持していたことから、レプリカは茨城県結城市結城蔵美館にて収蔵されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
銘
義助作
刀工 刀工
島田義助
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(駿河国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
結城晴朝
展示場所 展示場所
焼失
長さ 長さ
(cm)
-
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「御手杵」の詳細ページです。
「御手杵」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「御手杵」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード