• 未鑑定
  • 室町時代

とんぼきり

蜻蛉切

蜻蛉切

伊勢国(三重県)の村正一派の刀工・藤原正真(まさざね)作の大笹穂槍。「天下三名槍」のひとつで、徳川家康の重臣「徳川四天王」のひとり、本多忠勝が愛用したことで知られています。

槍は突いて攻撃するものなので、先が尖っていればよく、本来、切れ味はそれほど求められませんが、この槍の切れ味の凄さは、こんな逸話が伝わるほど。

飛んできた蜻蛉があたって2つに切れたとも、先端に止まっていた蜻蛉が音もなく2つになったとも言われ、「蜻蛉切」の名の由来ともなっています。

江戸時代を通じて、本多家に伝わり、現在は個人所有。静岡県三島市にある佐野美術館に寄託されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
室町時代
刀剣種別 刀剣種別
銘
藤原正真作
刀工 刀工
藤原正真
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(伊勢国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多忠勝 →
個人蔵
(佐野美術館へ寄託)
展示場所 展示場所
佐野美術館
長さ 長さ
(cm)
43.7
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「蜻蛉切」の詳細ページです。
「蜻蛉切」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「蜻蛉切」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード