• 未鑑定
  • 江戸時代末期

いずみのかみかねさだ

和泉守兼定

和泉守兼定

和泉守兼定」が、「新選組」の鬼の副長と言われた「土方歳三」(ひじかたとしぞう)の愛刀だったことは、よく知られています。「新選組」とは、幕末に京の都で乱暴狼藉を働く長州の脱藩浪人達を取り締まり、都の警護にあたった武装組織で、会津藩(現在の福島県)守護職「松平容保」(まつだいらかたもり)が統括していました。

土方歳三が所有していた和泉守兼定は、松平容保から拝領した打刀です。土方歳三の没後、愛刀「兼定」は終焉の地・箱館から小姓「市村鉄之助」(いちむらてつのすけ)によって土方歳三の義兄「佐藤彦五郎」(さとうひこごろう)のもとへ届けられ現在まで残されました。なお、土方歳三は寸違いの「兼定」を複数所持していたことから、動乱の中で土方歳三がいかに兼定を頼りにしていたかが分かります。

「和泉守兼定」を名乗った刀工は、2代「関兼定」(せきのかねさだ)と、11代「会津兼定」(あいづかねさだ)がいたことから、同じ和泉守兼定でも複数の兼定による日本刀が作られているのが特徴です。

2人の和泉守兼定のうち、より有名な刀工が2代・関兼定で、を「之定」と切ったことから、作品は「ノサダ」と呼ばれ、その切れ味鋭い日本刀は武士の間で特別とされていました。土方歳三の愛刀は、ノサダであったとする説もありますが、実際には11代会津兼定の作品だったとする説が有力です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代末期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
不明
刀工 刀工
兼定
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(陸奥国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
土方歳三 →
土方歳三資料館
展示場所 展示場所
土方歳三資料館
長さ 長さ
(cm)
-
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「和泉守兼定」の詳細ページです。
「和泉守兼定」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「和泉守兼定」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード