• 重要文化財
  • 安土桃山時代

やまんばぎりくにひろ

山姥切国広

山姥切国広

安土桃山時代の山城国(京都府)堀川の刀工で「新刀の祖」と呼ばれる名工・堀川国広作の打刀。国広が山伏として諸国放浪していた頃に、下野国(しもつけこく・栃木県)足利城主・長尾顕長(あきなが)の依頼で、備前長船の刀工・長義「山姥切」(徳川美術館所蔵)を写したものです。国広の最高傑作とされ、「写し」(優れた刀を模造してつくられた刀)でありながら、魅力に富んだ名刀と言われています。

名前の由来となったのは、豊臣秀吉小田原征伐後に、「山姥切」を入手した北条家の遺臣・石原甚五左衛門が、妻が産み落とした子を貪り食っていた老婆を、その刀で斬り捨てると、老婆が消えたとされる伝説から。しかし、長尾顕長は、どちらの「山姥切」も所有していたとも言われ、この逸話が本科(日本刀の写しの元となった刀。「本歌」とも書く)のものか写しのものなのかは、分かっていません。

その後、井伊家に伝わりますが、関東大震災で焼失したとされてきました。ところが、1960年(昭和35年)にひょっこり出てきます。震災前に井伊家家臣に下賜されていたことが分かったのです。このことは刀剣界に大激震が走るほどの大きな事件でしたが、実に嬉しい知らせでもありました。見つかった「山姥切国広」は、2年後の1962年(昭和37年)に重要文化財指定を受けます。

本歌だけが重要文化財指定となっている日本刀は数多くありますが、本科も写しも、両方指定を受けているのは、「山姥切」だけです。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
安土桃山時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
九州日向住国広作
天正十八年庚寅弐月吉日
平顕長
刀工 刀工
堀川国広
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(下野国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
長尾顕長 →
井伊家
展示場所 展示場所
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
70.3
反り 反り
(cm)
2.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「山姥切国広」の詳細ページです。
「山姥切国広」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「山姥切国広」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード