• 国宝
  • 鎌倉時代

くわやまほうしょう

桑山保昌

桑山保昌

短刀(たんとう)の「桑山保昌」(くわやまほうしょう)は、「豊臣秀吉」の家臣であった「桑山元晴」(くわやまもとはる)が所持していたことに因んで名付けられた刀剣です。

本短刀には、「高市郡住金吾藤貞吉」、「元亨二二年甲子十月十八日」というが刻まれています。そして、刃長(はちょう)は約26cm、鎌倉時代末期に、大和国(現在の奈良県高市郡)で活躍していた「保昌一門」の「貞吉」(さだよし)が作りました。

本短刀を所持していた桑山元晴は、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」では「徳川家康」に味方して、戦後は大和国御所(やまとごせ:現在の奈良県御所市)藩初代藩主に就任。徳川家康から、10,000石の所領を拝領しています。

しかし、桑山元晴の長男「桑山清晴」(くわやまきよはる)が、2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)の勘気を被り蟄居(ちっきょ:自宅等に閉じ込め謹慎させる刑罰)。桑山清晴の所領は、桑山元晴の物となり桑山元晴は26,000石の大名となります。

1620年(元和6年)に桑山元晴が亡くなると、家督を継いだ次男「桑山貞晴」(くわやまさだはる)も、1629年(寛永6年)にたった26歳で急死。子もなく養子も決めないまま当主が亡くなったことで、桑山家はお取り潰しになりました。

本短刀は、その頃に加賀藩藩主「前田利常」(まえだとしつね)が買い上げたと伝わっています。そして、1955年(昭和30年)2月2日に、本短刀は国宝に指定。現在は、個人蔵となっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
高市郡住金吾藤貞吉/
元亨二二年甲子十月十八日
刀工 刀工
貞吉
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
大和伝(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
桑山元春 →
前田利常 →
個人蔵
展示場所 展示場所
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
26
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「桑山保昌」の詳細ページです。
「桑山保昌」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「桑山保昌」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード