• 未鑑定
  • 江戸時代

かいしゅうこてつ

海舟虎徹

海舟虎徹

打刀(うちがたな)は、江戸時代の刀工で、新刀(しんとう)第一の名工とされた「長曽祢興里」(ながそねおきさと)の作品です。海舟虎徹は、「勝海舟」(かつかいしゅう)の愛刀であったことからこのように呼ばれました。

当時、高い人気を誇った刀剣の虎徹は、贋作(がんさく:日本刀の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が多いことでも知られています。そのような背景から「虎徹を見たら偽物と思え」とまで言われるほどです。また正真(しょうしん)作は、庶民が手にできるような金額で売買されることはありませんでした。事実、正真の虎徹を所有できたのは、尾張徳川家江戸幕府の大老「井伊直弼」(いいなおすけ)など、大名のなかでも地位ある家や人物のみでした。

この勝海舟とは、徳川家の存続を条件に新政府軍の「西郷隆盛」(さいごうたかもり)と会談し、「江戸城」(現在の東京都千代田区)の無血開城に貢献した立役者です。そんな功績を称えて15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)より勝海舟に贈られた刀剣が、本打刀であったと伝わります。

徳川慶喜より贈られた勝海舟の愛刀「海舟虎徹」は、現在、刀剣ワールド財団にて所蔵しております。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
長曽祢興里真鍛作之
刀工 刀工
長曽祢虎徹
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
徳川慶喜 →
勝海舟 →
個人蔵→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
展示場所 展示場所
名古屋刀剣博物館
長さ 長さ
(cm)
68.2
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「海舟虎徹」の詳細ページです。
「海舟虎徹」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「海舟虎徹」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード