• 重要文化財
  • 鎌倉時代

ならやさだむね

奈良屋貞宗

奈良屋貞宗

短刀は、南北朝時代に相模国(現在の神奈川県)で活躍した刀工「貞宗」(さだむね)の手による短刀。豊臣秀吉が、甥「豊臣秀保」(とよとみひでやす)より献上され、「豊臣秀頼」(とよとみひでより)に伝わるも、1608年(慶長13年)、「徳川秀忠」(とくがわひでただ)に贈られます。そののち、紀州徳川家などを転々とし、尾張徳川家に代々伝来しました。

現在は愛知県徳川美術館が所蔵。号の由来はもともと堺の豪商「奈良屋宗悦」(ならやそうえつ)が所有していたことに因みます。なお、豊臣秀吉は多くの名刀を蒐集(しゅうしゅう:趣味・研究のために集めること)しており、刀剣をランク付けし、一之箱から七之箱に分けて収納していました。この奈良屋貞宗は一之箱に納められたとされています。

本短刀の作者・貞宗は、「天下三作」のひとりに数えられる名工・正宗師事し、相州伝の作風を踏襲。貞宗の在作は存在せず、本短刀も同じく無銘の極めです。姿平造りで、差表(さしおもて:刀の刃を上にして腰に差したときに外側になる面)に素剣(そけん/すけん:不動明王の化身である剣の図)と梵字(ぼんじ)、差裏には護摩箸(ごまばし)の彫刻が施されています。小板目肌が詰んで、地沸(じにえ)の厚く付いた鍛えは見事であり、刃文(はもん)は湾れに小乱れが交じるもの。帽子は湾れ込み、深く返っています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
-
刀工 刀工
貞宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
奈良屋宗悦 →
豊臣秀吉 →
豊臣秀頼 →
尾張徳川家 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
29.4
反り 反り
(cm)
0.3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「奈良屋貞宗」の詳細ページです。
「奈良屋貞宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「奈良屋貞宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード