• 未鑑定
  • 鎌倉時代

しょくだいきりみつただ

燭台切光忠

燭台切光忠

打刀は、鎌倉時代の刀工で備前長船の祖とされる「光忠」(みつただ)の作。光忠の華やかな作刀を好んだ織田信長から豊臣秀吉に渡り、伊達政宗に下賜されました。

この不思議な名前の由来は、伊達政宗が、粗相をした家臣をこので斬ったときに、鋒/切先(きっさき:刀の刃の先端)が軽く触れただけの青銅の燭台が一緒に切れたことからとも、燭台に隠れた家臣を燭台ごと斬り殺したことからとも言われています。

のちに水戸徳川家に所望されて譲渡し、明治維新後まで同家に伝わりますが、1923年(大正12年)の関東大震災で被災。以降「焼失」したと思われていましたが、2015年(平成27年)に焼身ながら現存することが発表されました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
-
刀工 刀工
光忠
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
伊達政宗 →
水戸徳川家
展示場所 展示場所
徳川ミュージアム
長さ 長さ
(cm)
67
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)」から「燭台切光忠」の詳細ページです。
「燭台切光忠」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「燭台切光忠」の姿を、「刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード