徳川家ゆかりの名刀 検索結果  [ 4/4 ]


鑑定区分順[ 31〜36振/36振 ]

徳川家ゆかりの名刀目次

指定・認定区分

  • 国宝 … 国宝
  • 重文 … 重要文化財
  • 重美 … 重要美術品
  • 特重 … 特別重要刀剣
  • 重要 … 重要刀剣
  • 特保 … 特別保存刀剣
  • 保存 … 保存刀剣
  • 特貴 … 特別貴重刀剣
  • 貴重 … 貴重刀剣
  • 未鑑 … 未鑑定
  • 御物 … 御物

皇室にゆかりの深い品々で、皇室の私有品になっている刀剣。宮内庁の管轄であるため、文化庁の指定区分である国宝などの対象にならない。

大左文字

「大左文字」は、筑前国博多(現在の福岡県博多市)の刀鍛冶である「安吉」が作った太刀です。この安吉は、銘に「左」とだけ刻むことで知られる刀工でした。現在、号の由来は明らかになってはいません。し…

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
南北朝時代
制作国 制作国
-
刀工 刀工
安吉

上部当麻

「上部当麻」は、「伊勢神宮」の権禰宜(ごんねぎ:神職の階級)で、御師(おんし:参詣者の参拝・宿泊を世話する者)でもある「上部貞永」(うわべさだなが)が所持していた短刀です。のちに、「徳川家康…

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
制作国 制作国
大和伝
刀工 刀工
当麻

上野貞宗

「上野貞宗」は、「宇都宮城」(栃木県宇都宮市)城主である「本多上野介正純」(ほんだこうずけのすけまさずみ)が所持していたことから、上野貞宗と呼ばれることになりました。本多上野介正純は、若い頃…

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
制作国 制作国
相州伝
刀工 刀工
貞宗

児手柏包永

「児手柏包永」を制作したのは、「大和伝」の「手掻派」(てがいは)初代「包永」だと言われています。足利将軍家の幕臣で、のちに「織田信長」の家臣となった「細川藤孝」(ほそかわふじたか:「細川幽斎…

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
制作国 制作国
大和伝
刀工 刀工
包永

戸川志津

「戸川志津」(とがわしづ)は、美濃伝の刀工「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)の手による短刀。戸川志津の号は、備前国の戦国大名「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)の家臣で、宇喜多三老のひとり…

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
南北朝時代
制作国 制作国
美濃伝
刀工 刀工
志津三郎兼氏

吉見左文字

「吉見左文字」はもともと、石見国の「津和野城」(現在の島根県津和野町:別称「三本松城」)の城主であった「吉見正頼」(よしみまさより)が、所持していたとされる刀剣です。吉見正頼は当初、周防国(…

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
南北朝時代
制作国 制作国
-
刀工 刀工
左安吉

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「徳川家ゆかりの名刀」の検索結果(4ページ目)です。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「徳川家ゆかりの名刀」の日本刀を一覧にて表示しました。日本刀ごとに用意された詳細ページもご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード