• 国宝
  • 鎌倉時代

あいずしんとうご

短刀 銘 国光(名物:会津新藤五)

短刀 銘 国光(名物:会津新藤五)

国宝短刀 国光」(名物:会津新藤五)を制作したのは、「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)です。新藤五国光は、鎌倉時代後期の相模国(現在の神奈川県)刀工。相州伝の祖と言われる名工です。

本短刀は、地鉄(じがね)は小板目肌杢目が交じり、よくつんで地沸厚く、地景多く入り、刃文深くよくつき、金筋かかり、焼き出しをやや細く、次第に広い直刃を巧みに焼き、力強さがある逸品。国光の作刀の中でも白眉と言われ、特に秀逸で、最高傑作との呼び声も高い1振です。

この短刀を愛刀としていたのは、戦国武将「蒲生氏郷」(がもううじさと)。蒲生氏郷は、「織田信長」、「豊臣秀吉」に仕え、「九州征伐」、「小田原征伐」の功により会津420,000石(のち920,000石)を領した人物。この刀剣に会津という名前が付いているのは、これが所以です。

蒲生氏郷は、この短刀を嫡男「蒲生秀行」に伝えましたが、孫の「蒲生忠郷」が所領を没収され、加賀藩主「前田利常」に売却。売却額は、小判100枚、現在の価値にして約1憶2,000万円で、新藤五国光の刀剣が当時から貴重であったことがうかがい知れます。

「前田利常」はこれを江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」に献上。徳川将軍家の重宝を経て、現在はふくやま美術館に寄託されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
国光
刀工 刀工
新藤五国光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
蒲生氏郷→
前田利常→
徳川綱吉→
ふくやま美術館
展示場所 展示場所
ふくやま美術館寄託
長さ 長さ
(cm)
25.5
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「短刀 銘 国光(名物:会津新藤五)」の詳細ページです。
「短刀 銘 国光(名物:会津新藤五)」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「短刀 銘 国光(名物:会津新藤五)」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード