• 重要文化財
  • 南北朝時代

さみだれごう

五月雨江

五月雨江

打刀(うちがたな)は、福岡藩(現在の福岡県西部)を治めた「黒田官兵衛」(別名:黒田如水・黒田孝高)の嫡男「黒田長政」(くろだながまさ)が福岡藩主だった際に入手し、徳川2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)に献上。徳川秀忠はその刃文(はもん)を観て、五月雨とはうまく名付けたものだと感心したという話が残っています。

1639年(寛永16年)、徳川3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の娘「千代姫」(ちよひめ)が尾張徳川家の「徳川光友」(とくがわみつとも)のもとへ輿入れする際、婿引き出物として贈られた五月雨江は、そのあとも尾張徳川家に伝来しました。現在は、「公益財団法人徳川黎明会」所有のもと、愛知県名古屋市東区の「徳川美術館」でその姿を観ることができます。

本打刀は、南北朝時代に越中国(現在の富山県)松倉の「江義弘」(ごうよしひろ)によって作られました。約71cmの刀身(とうしん)に特徴があります。刀剣鑑定家の「本阿弥光瑳」(ほんあみこうさ)が、五月雨の降る頃に江義弘の作であると認めたことで、五月雨江と呼ばれるようになったとする説がある一方、刀身にまるで霧がかかったように見えることから、名付けられたとする説が有力です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
-
刀工 刀工
江義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
黒田長政 →
徳川秀忠 →
尾張徳川家 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
71.5
反り 反り
(cm)
1.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「五月雨江」の詳細ページです。
「五月雨江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「五月雨江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード