• 未鑑定
  • 鎌倉時代

このてがしわかねなが

児手柏包永

児手柏包永

「児手柏包永」を制作したのは、「大和伝」の「手掻派」(てがいは)初代「包永」だと言われています。足利将軍家の幕臣で、のちに「織田信長」の家臣となった「細川藤孝」(ほそかわふじたか:「細川幽斎」[ほそかわゆうさい]のこと)がこの太刀を所持。刃文が表裏で異なり、表が乱刃、裏が直刃になっている珍しい焼刃が特徴です。

児手柏包永の名の由来は、細川藤孝が「万葉集」に収められている「奈良山の子の手柏の両面に左も右にも侫人の伴」(奈良山に生えている児手柏は、両面が同じであるように、右に左にと誰に対しても媚へつらう人がいるものだ)に因んで名付けたと言われています。

そののち、細川藤孝から次男「細川興元」(ほそかわおきもと)へと伝わり、細川興元が「徳川家康」へ児手柏包永を献上。そして、徳川家康の十一男で水戸藩初代藩主「徳川頼房」(とくがわよりふさ)へと譲りました。 以来、児手柏包永は水戸徳川家に伝来しています。

児手柏包永は、1923年(大正12年)の関東大震災で消失したと考えられていましたが、2015年(平成27年)に焼身の状態で保管されていることが判明。現在も児手柏包永は、水戸徳川家の大名道具が保管されている博物館「徳川ミュージアム」(茨城県水戸市)に所蔵されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
包永
刀工 刀工
包永
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
大和伝(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
細川家 →
徳川将軍家 →
水戸徳川家
展示場所 展示場所
徳川ミュージアム
長さ 長さ
(cm)
69
反り 反り
(cm)
2.1

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「児手柏包永」の詳細ページです。
「児手柏包永」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「児手柏包永」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード